ワンルームマンション投資やアパート投資…不動産投資を行うのにおすすめなのが大阪!評判の不動産会社情報をまとめました!

【損しない】不動産投資の節税の仕組みを徹底解説

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/19

不動産投資は節税できるケースがあるので便利です。大阪にはいろいろな不動産投資会社があるので、どうすれば効率良く投資を行なうことができるか相談することができます。不動産投資による節税の仕組みを把握して、どの税金をどれぐらい抑えることができるかなどの資金計画や納税計画を立てておくことをおすすめします。

いくらかコストを抑えることができます

大阪の不動産投資会社に相談すると、いろいろなアドバイスを受けることができるので便利です。税金の仕組みを知ることができ、効率良く運用することができます。

例えば所得税は所得にかかる税金のことで、所得は収入から必要経費など差し引いたものです。会社として給与をもらっている場合、給与から自動的に天引きされることになるので、所得税(+復興特別所得税)を納税することになります。

もし不動産投資を行っていて事業が赤字になった場合、不動産投資において赤字が出たと言うことを確定申告することにより、赤字の分について会社員として給与から納税した税を還付してもらうことが可能です。これを損益通算と呼んでいて、住民税や所得により支払う住民税額などが増減するので、確定申告をすることによって住民税を軽減できます。

中には法人化している人も多く、不動産投資の規模が大きくなればなるほど収入額も多くなったケースが多いので、法人化することによって節税効果を得ることが可能です。所得額が大きくなるので個人事業主として支払う所得税の税率より、法人税の税率が低くなるからです。

法人化することについて、コストを抑えること以外にいろいろなメリットがあります。法人設立には費用や労力などが必要ですが、不動産の規模や投資を長く続けるつもりがあるのかなど、大阪の不動産投資会社などの専門家と相談しながら検討すると良いでしょう。

減価償却費として計上することができます

例えば相続が起こった場合、現金を相続するケースと比較すると不動産を相続する方が税金を安く抑えることが可能です。相続対策で不動産投資を行っている人も多く、不動産投資の器として法人を設立したり、法人が投資し配偶者や子供を法人の役員とすることによって贈与税や相続税などを抑えることができます。

賃貸物件を運用する場合、修繕費や火災保険料といったいろいろな経費がかかりますが、経費はオーナーが支払期日に応じて現金など支払う仕組みです。オーナーが実際お金を支出するのではないですが、決算を行う場合は経費に計上することができる減価償却費があります。

減価償却費は不動産経営において必要な建物や設備について、購入した年度において一括し経費に計上せずに、資産の使用可能の全期間において分割しながら経費として計上するという勘定科目です。建物は経年劣化により財産的価値が下がるので、経年劣化に応じて毎年少しずついくらか資産を簿価から下げていき、経年劣化分を経費で支出するという考え方になります。減価償却費は不動産投資で得た利益から引くことができ、節税効果を得ることが可能です。

なお、減価償却費を計上する期間は法定耐用年数までになっていて、その期間を過ぎると減価償却費計上の効果は見込めなくなるでしょう。大阪の不動産投資会社ではオーナーが効率良く投資することができるよう、いろいろなサポートを行なっているので便利です。

税金をきちんと納めながら対策をしましょう

不動産投資における節税にはいくつかポイントがあり、まず節税だけを目的にした投資はやめておきましょう。節税するだけのために赤字経営の投資を続けていると、築年数が経過すると何かしらの苦労が増えるかもしれません。将来事業を引き継ぐ子供や孫にも大変な思いを与えてしまうかもしれないので注意が必要です。

不動産投資において利益を出すことができれば税金をきちんと納めなければならない認識を持っておくことが大切です。その上で納税額を抑えることができる方法について、専門家に相談しながら取り入れていくというのが基本的なスタンスです。

節税にはいろいろな方法があり、不動産投資だけとは限りません。個人型確定拠出年金を活用したり、扶養する親族を検討することによっていろいろなコストを抑えることが可能です。不動産投資はもちろん、他の効果も考慮しながら有効的な方法を選択すると良いでしょう。

節税効果を発揮するにはポイントがあり、不動産投資事業を赤字で計上する場合、金融機関から不動産経営が上手くいっていないと思われるかもしれません。更にローンを組んでいくつか物件を増やすつもりなら、将来的に黒字に転換できるような計画を立てながら運用することが大切です。

赤字経営が続いている場合、その理由を合理的に説明することができたり、そのような状態を永続的にすべきではないでしょう。将来的に繰り上げ返済するなど、黒字を出せる環境に変えていくことが大切です。

 

会社員の中には不動産投資を行っている方もいて、所得税や住民税などについて節税することが可能です。大阪の不動産投資会社に相談すると、税金の仕組みについて学ぶことができたり、相談することができます。不動産投資による節税の仕組みを把握して資金計画をきちんと立てておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧