ワンルームマンション投資やアパート投資…不動産投資を行うのにおすすめなのが大阪!評判の不動産会社情報をまとめました!

年金では老人ホームに入居できない?老後を考えた不動産活用法とは

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/06/03


世界でもトップクラスに高齢者の多い国となった日本において、老後の生活に関心を持つ人が多いのは当然のことです。とくに老後の生活は資金不足が懸念されており、年金だけでは備えに不安がある方も多くおられます。では、安心できる老後への備えはどのように形成すればよいでしょうか。そこで、老後への不動産活用法について詳しく解説します。

老人ホームに入居するのに必要な費用とは

核家族やおひとりさまの世帯が増加する日本において、老後に安全に暮らすためには老人ホームへの入居を検討している方も多いでしょう。しかし、老人ホームへの入居には費用がかかることを知っておく必要があります。では、老人ホームへの入居にはどの程度の費用が必要でしょうか。

結論からいうと、老人ホームへの入居費は施設によって大きく異なります。

まず憧れる方も多い「介護付き有料老人ホーム」は設備も使いやすくセキュリティもバッチリの高級施設がメインとなっています。入居費だけでも数千万~億単位の施設もあり、月々の費用も数十万程度の支払いが必要です。

一方で「住宅型有料老人ホーム」はお身体が元気な方で生活支援を希望される方向けの施設です。こちらは入居費が数百万から数千万のところが多いですが、地方によっては不要の施設もあります。月々の利用費はこちらも数十万単位で準備が必要です。

比較的割安とされる公的施設の「特別養護老人ホーム」は入居費こそは不要ですが月々の利用料には15万程度が目安となっており、年金だけでは不足する方がいます。

このように老人ホームは費用の高低差が激しいですが、一般的に月々に数十万の支出は必要です。また、老人ホームの費用とは別に生活に必要な雑費も発生します。少しでも多く老後の資金が必要、と認識しておきましょう。

老後の費用を貯める方法

安全に老後も暮らすためには、少しでも多く費用を貯めておく必要があります。しかし、老後の費用を賢く貯める方法はあるのでしょうか。基本的に老後への備えは「退職金」を充当する予定の方も多いですが、住宅ローンの完済に充てる場合には意外と手元に残らないものです。

そこで、次の2つの方法があります。

まず1つ目は「再雇用」です。近年日本では年金開始年齢も上昇しており、定年後も再雇用で働いて資金を貯める人が増加しています。しかし、再雇用の場合は賃金が下がる傾向で、充分な収入が得られない可能性もあります。また、病気で離職した場合には再就職が難しいので、注意が必要です。

2つ目は「資産運用」です。できれば早期に資産運用を開始し、老後への資金を貯めていくことが望ましいでしょう。たとえば投資の初心者の方でも挑戦しやすいのが不動産への投資です。FXや先物取引など投機性の強い投資ではないので、長期的な視点でのんびりと運用が可能です。余っている資金がある場合にはアパートやマンションのオーナーとなる方も多いですが、気軽に始められるワンルームオーナーも人気です。とくにミニマムな不動産投資は若い世代が老後に向けて挑戦し始めており、活況しています。

また、売却前提で不動産のローンを組む方法や、自宅を活用して投資するリースバックなども注目が集まっています。このように一言で不動産投資といってもさまざまな方法があるので、ご自身に合った投資スタイルで始めてみるとよいでしょう。

将来のために不動産を活用するには

では、不動産を活用して将来のためにお金を上手に貯めていくには、どのように行えばよいでしょうか。不動産投資のポイントは2点あります。

まず1つ目は「リスク分散」です。圧倒的な金額を短期決戦で稼ぎたい方は、不動産投資は不向きです。じっくりと税金や運用方法を学んだ上でスタートする必要があります。不動産投資は長期的な収益回収が目指せる投資ですが、天才リスクや地価下落リスクなどもあります。そのため、投資信託など他の投資スタイルと合わせて資産形成を目指すようにしましょう。

投資はリターンが完璧に保証されているものはありません。しかし。不動産投資は家賃保証を活用する、初めから高需要の物件に投資するなどの方法でリスクをかなり下げることができます。こうした情報を知るためにも、不動産交流会や不動産投資会社へ出向いてみることがおすすめです。

2つ目は「節税対策」です。現在の収入やご家族の構成などさまざまな視点から見ると、不動産投資にお金を使うことで節税対策が行える可能性があります。経費計上によって大幅に収入を抑えつつ、老後への資金を貯めることができます。また、場合によっては次の世代の方への財産として残すことも可能です。

このように不動産投資はリスク分散と節税対策をしっかりと行えば、将来や次世代のための資産を形成できます。

 

大阪を中心に関西エリアでも不動産投資を生かした老後の資金作りへ、関心が高まっています。不動産投資の会社に相談をすることで、今のご自身にあった不動産投資がわかります。年金に頼るだけではなく穏やかな老後を目指すために、小さな投資からでもスタートさせるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧