ワンルームマンション投資やアパート投資…不動産投資を行うのにおすすめなのが大阪!評判の不動産会社情報をまとめました!

不動産投資【年収1,000万円】を叶えるためにやるべこととは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/16

少子高齢化が進む日本では、これからどんどん増税が進み年金受給額も少なくなっていく傾向です。そのため老後に不自由なく暮らすには、若い頃から積極的に資産運用を行っていく必要があります。今回は普通のサラリーマンが不動産投資で年収1,000万円を得るためにはどうすればいいのかを解説していきますので、資産運用の参考にしてみて下さい。

不動産投資がおすすめな理由とその活用法

まず初めに伝えたいことは、サラリーマンには不動産投資が最適であるということです。資産運用と聞くと株式投資をイメージする人が多いのかもしれませんが、株式投資は実はあまり儲からないことが多いです。株式投資で一番利回りの良いのは成長国のインデックス投資ですが、それでも3~4%の利回りしかありません。

一方サラリーマンが不動産投資を行うと、融資をしてもらいやすいのでレバレッジをかけたような状態で投資することができるため、少ない資本で大きなリターンを得ることもできます。したがって不動産投資は利回りが高い資産運用法なので、年収1,000万円になるための近道であると言えるでしょう。

ただし最近ニュースで取りざたされているような不動産に関する不祥事も多いので、不動産会社から紹介された物件をそのまま購入するのは注意が必要です。特に新築のワンルームマンションやサブリース型で家賃保証がされている物件などは、逆に損をしてしまう恐れがあるので購入しないことがポイントになります。

不動産投資でしっかりと利益を得ている人は、ポイントを絞って投資を行っています。また不動産に関する知識もきちんと学んだ上で投資を始めることも大切です。不動産投資は賃貸業なので、知識のあるなしが命運を分けることもあるからです。書籍などを利用してしっかり勉強するようにしましょう。

不動産投資を成功させる具体的な方法とは?

具体的な不動産投資方法の一つは、現金で1,000万円以下の物件から投資をスタートさせることです。1,000万円以下の物件といっても、数百万円もの金額を一括で払える人は少ないのではないでしょうか。

そうなるとお金をどこかから借りなければなりませんが、その場合は日本政策金融公庫から借りるのがおすすめです。日本政策金融公庫であればたとえ年収が低くても、耐用年数が経った物件であっても融資をしてくれることが多いからです。

不動産投資を始める人がやってしまいがちなことは、資金があまり多くない時に好立地の利回りの低い物件を購入してしまうことです。このような物件ばかり購入していると借金ばかりが増えてしまい、結局最後は失敗してしまうことが多くあります。

このような失敗をしないためのポイントは、高利回りの1棟ものにチャレンジしてみることです。しかし1棟ものの物件は購入するときの費用がかかるので、融資を受けるのが難しくなってしまうのではないでしょうか。融資してもらうのが難しい時は、1棟ものの物件を購入する前に小さな物件を購入して、それを担保に融資を受けるのがいいでしょう。

担保があればフルローン融資を適用してもらうことができるので、200~300万の諸費用さえあれば物件を購入することができます。それによって効率よく不動産投資を行うことが可能です。

不動産投資会社をしっかり選んで不動産投資を成功させよう

不動産マンション投資をする場合は、区分マンション投資と一棟マンション投資の二種類がありますが、どちらも不動産投資会社を活用することが多いです。大阪で不動産投資会社を選ぶ際のポイントは、資本金の額が大きいかどうか確認することです。資本金の額が大きければ会社の規模も大きいということになるので、安心して利用することができます。

他にも従業員の人数によって会社の規模を確認することが可能です。従業員が多ければクライアントが多く実績を積んでいるということになるので、大阪で不動産投資会社を探す時はチェックしてみましょう。さらに豊富な実績があり評判の良い大阪の不動産投資会社を選ぶことが、不動産投資で年収1,000万円にするために大切なことです。

大阪の不動産投資会社では、不動産投資をする人に向けてさまざまなセミナーを開催していることが多いですが、そのセミナーを活用して選ぶこともできます。セミナーに参加した時に顧客に合った物件選びをしているか、メリットだけでなくデメリットもきちんと話しているかを確認するようにしましょう。

他にもアフターフォローが充実しているかどうかを確認することも大切です。電話でしつこく勧誘してくる不動産投資会社や、おとり広告で集客しようとする不動産会社には注意する必要があります。また礼儀や連絡など基本的な対応ができていないところは、選ばないことが無難です。

 

不動産投資をうまく活用すれば、年収1,000万円も夢ではありません。すでに結婚していて子どもがいる家庭であれば、この分を教育費や車の購入費などに充てることができます。将来に備えることもできるので、不動産投資を活用してみるのはいかかでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧